■オーダーメイドならではの細かいご要望にお応えいたします


指輪のサイズ調整は正確に行います

この写真は、指輪のサイズを測る「サイズゲージ」です。
ジャパンサイズ、JIS規格、幅広リング用など、いろいろな規格のものを指に着けて頂いて、
お客様にぴったりのサイズの指輪をお作りいたします。

例えば11番強、13番弱、など微妙なサイズ調整を行うこともできます。

弊店の場合、店内に工房がございますので、
クラフトマンとお客様が直接対話しながら細かいご要望にお応えすることができます。
着け心地の良いジュエリーの厚みや幅を追求します

これは、厚みを測る「ノギス」です。
特に、指輪を着け慣れていない男性の方が、初めてマリッジ・リングを着けると
隣の指へのあたり具合などが気になって、着け心地悪く感じられることがあります。
幅は大きければ大きいほど、厚みはより厚くなるにつれて、
着けにくく感じる方が多いようです。
ただ、これも個人差がありますので、実際にサンプルを着けて頂きながら
お客様の指に一番フィットする指輪を作らせて頂きます。

指輪に限らず、ピアスやペンダントなども、美しいだけでなく着け心地の良いものになるよう、
試着を重ねながら制作をしております。

何でもご要望をおっしゃって下さい

写真は指輪に透かし模様を入れている作業中のものです。
ノコ刃で切って、ヤスリとサンドペーパーを使って仕上げ、
このような複雑な透かし模様を入れていきます。
丸い指輪に透かしを入れるには、かなりの高度な技術が必要です。

熟練の技術で、お客様のご要望にお応えいたします。
例えば、美術館での宝飾展の図録などを参考にして
アンティーク風のジュエリーをお作りすることもできます。

「こんなことができないか」など、細かいご要望は何でもおっしゃって下さい。